クロージングの心理技術21|2人の営業マンの物語

ここにある2人の営業マンがいます。
ある営業マンは、、、 いつも3億円を超える住宅の契約書を 当たり前のように書いています。
一方でもう1人の営業マンは、、、 3万の携帯電話のセールスで しょっちゅう壁に突き当たっています。

2人とも仕事熱心で努力家で養うべき家族がいます。 しかし、その業績は驚くほど違います。

なぜ、ある営業マンは 多額のコミッションを受け取り、 一方で別の営業マンは、 暮らすのにやっとの収入しか得られないのか?

その答えはどこにあるのか?
なにか魔法のようなテクニックがあるのか?
その答えこそがが、、、”消費者心理学”です。

これこれ人々にものを買わせるパワフルな原理です。 この原理は、セールマンが売っているものが 何であるかに関係がありません。

なぜなら、 あらゆるビジネスに有効だからです。
この「クロージングの心理技術21」は、 間違いなく役に立つ消費者心理学の強力な 21のテクニックを教えてくれるでしょう…
 ↓


       クロージングの心理技術21

 

クロージングの心理技術21|セールスの達人の合法トリック

もしあなたが セールスをする上で、
・自分が話すよりも相手の話を聞く
・まず世間話をし、売り込みに移るのはそのあと
・服装に注意を払い明るく感じのいい態度を保つ といった 「昔ながらのセールス手法」を意識して使っているのなら

クロージングの心理技術21 この本「クロージングの心理技術21」はあなたにとって 非常に役立つ一冊になるかもしれません。
 ↓

クロージングの心理技術21


あなたは、不思議に思ったことはありませんか?

なぜ、明るい笑顔で、見込み客としっかりと 握手をして信頼関係を築こうとしているのに 逆に警戒されてしまうのか?

なぜ、機転を効かせた雑談力で 顧客のフォローアップを行っているのに、 競合に流れていってしまうのか?

そして…なぜ、見込み客の関心や状況に 合わせてセールストークをしているのに 「買わなくてもいい」というメッセージに なってしまうのか?

実はこのようなセールス手法は 上っ面のテクニックであって それを部分的に使って あなたのセールスを微調整する程度では 結果はいつまでたっても同じなのです。

その一方、不況であろうと競合が増えようと、 どんな環境でも驚くような成果を出す人たちがいます。

実は、そんな高い収益を上げ続けるトップの人たち、 つまり「セールスの達人」たちが使っているのは、 ありきたりの手法やテクニックではないのです。

この本では、そんな彼らだけしか知らない どんな時でも高い成果を出し続ける特別な「トリック」を 余すことなく公開しています。

悪用すれば、人を操作できる危険な内容ですが、 嘘偽りのないセールスやコミュニケーションで使うのであれば 非常にオススメできる一冊でもあります。

実際、amazon.comのレビューでも、 4.7という高い評価を得ている非常に実用的な本です。 セールスの成約率をすぐに上げたい人は 是非、一度この本をチェックしてみてください。
   ↓

       クロージングの心理技術21

 

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 ビジネス書 おすすめ 気になる1冊を紹介 All rights reserved.